ダークソウルの一部魔法は受け渡しが可能という話

f:id:inbksk:20180629173744j:plain


今回はこれまでと趣旨を変えてカットコンテンツ絡みでは無く、ゲーム本編についての調べ事です。

記事題を見て興味のある方はどうぞお読みください。

 前置

つい先日、いつものように森で楽しく侵入してたときの話です。

自分は海外マッチオンで遊んでるのですが、その中でもGiantDadに次いでよく見かけるOroboroビルドの一人が暗月の光の剣を2回掛け直したんですね。

当時の自分は宵闇指輪つけてるのかなって感じで気にかける事も無かったのですが後で調べるとどうやら暗月の光の剣は宵闇指輪で増やせないらしい。

ハードはPS4なので勿論チートの線も考えにくい。 

 

というわけで少し調べてみたところ、それっぽい方法を見つけたのでひっそり書いてみます。

メソッド

 突然ですが、このゲームにはアイテムインベントリの容量があるのをご存知でしょうか。

この容量はインベントリのひとつひとつの枠に対して設定されており、消耗品の99等の在庫数等は換算されません。

つまり装備品などを多量に持ち歩いていくと容量の限界に達するというわけですね。

この容量の限界は海外フォーラムの投稿曰く1984のようで、実際に武器をそれに近しい数購入したところ、既に所持しているアイテムと合わせて1984個に達したのか以下のような表示になりました。

f:id:inbksk:20180629152930j:plain

勿論その状態でアイテムを拾得しようとするとその場でドロップし、基本的にどのアイテムも拾うことが出来ません。

 

ここでやっと本題に戻ってくるのですが、この状態ですと例に漏れず魔法もドロップするようになります。

(画像のドロップアイテムは病み村に落ちてる"治癒")

f:id:inbksk:20180629154735j:plain

 

更にこの状態になったアイテムは他のファントムにも見ることができ、拾得することも出来ます。

これを拾わせる事により魔法の受け渡しが可能になる、というわけです。

 

ちなみに誰もが考えるであろう神の怒りやソウルの結晶槍等の譲渡に関しては当該スペルが店売りな都合上行えません。

f:id:inbksk:20180629160559j:plain

 (まぁ紫水晶ワープも何故か残ってるんでこれに関してはサクッと周回しちゃうのが良いと思います。)

とどのつまり一言に条件をまとめると、オンライン可能エリアで拾得できるスペルに限り他ファントムへの譲渡が可能、ということですね。

 冒頭で語った暗月の光の剣等の誓約スペルも条件に当てはまっているので受け渡しが可能です。

(画像は暗月のタリスマンと暗月の光の剣)

f:id:inbksk:20180629163244j:plain

余談になりますが、誓約未発見のキャラに他プレイヤーから雷の大槍と太陽の光の槍を渡してもらった状態で新規に誓約を結び誓約レベルを上げたところ、上記のスペルは貰えず大王のソウルも捧げることが出来ませんでした。

 どうやら誓約の報酬アイテムの拾得可否は誓約毎の内部フラグがあるってより単純にアイテムを既に所持しているかだけを見ているみたいですね。

 

 

それと未検証なのですがDLCの闇魔法もマルチ可能エリアで拾得することが出来る為例に漏れず受け渡しが可能かと思います。(追うものを除く)

周回面倒だけど飛沫や黒炎が複数欲しいって人は試してみても良いかもしれませんね。

 

少々雑多な上に短いですが長々と解説することもないので今回は以上です。

まぁこういう変な仕様もありますよって話でした。

 

f:id:inbksk:20180629173353j:plain

あくまで仕様の範囲とは言え、オンスト使ってこういう事もできちゃうんで個人的にアイテムの受渡しってシステム自体どうなのかって感じではありますが・・・。